現。

髪を撫でた感触も

頭を踏みつけられた感触も

すべてを騙していた事を謝れと言う

その声も

ありありと響く夢現

安らかな寝息の隣で

泣き声を上げて目覚める

薄青い朝。

夢に意味など無い

日常に意味を付けるのは自分であるように

色即ち是、空

僕の夢の裏の現のまぼろし。
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2009-11-09 04:15 | music

松本葦立 official blog


by matsumoto_itachi