変化。

この変化も、自分にとってきっと必要なこと。

昔に比べて、思考が停止することも少なくなって来た。

淋しくなる時は、同じく夢を追い求めて日々を積み重ねている友人達の歌を聴く。

毎日の仕事に嫌気が指そうとも、やっぱりそれは自分で選んで来たこと

そのもっと昔を振り返れば、今のこの状況も本当に少しずつだけれど前に進んでいることがわかる

そのおおもとにあるのは「唄いたい」という単純で明確な思いだけ。

その為にこの人生を歩いて来ている

であれば、もう嘘を付いたり無理をする必要もない。

今繰り返していることをさらに続けて

足りないことを埋めて

求めても満たされない愛しさを大切にして持ち続けること

そうやって

後ろは向かずに歩いてゆきたい。

音楽が救ってくれた幼い日々を、今度は自分が音楽で救えるように。
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2010-02-21 13:56 | music

松本葦立 official blog


by matsumoto_itachi