言葉の遣い方

伝えたい事を伝えようとする時、

言葉は案外薄っぺらくなる。

伝えようと思えば思うほど、

シンプルな言葉が的確になってくる。

だけどシンプルで大切な言葉は、

もうみんなが使っていて、

口から吐き出される前に自信を失って、胸に戻ってしまう。

「誰かが使った言葉と同じ意味だなんて思って欲しくない」とまで思う。

だから、

大切な事は簡単には口にしない。

本当に使うべきベストなタイミングというのは、

恐らく言葉一つにつき一度だけ。

それは言霊。

メガンテのように、

メガザルのように、

特別な魔法なんだ。

歌は言葉をその世界ごと閉じ込めるから何度も使える、ちょっと例外的な手段。

だからやめられない。


ここだけの話、

僕は今まで「愛してる」なんて言った事が無い。

言えば良かったな、なんても思うけどね
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2007-07-26 01:18 | 少し深く考える

松本葦立 official blog


by matsumoto_itachi