どうしても君に聴いて欲しい曲がある

唄なんか歌ってると、

何を言いたかったかがわからなくなる時がよくあるんだ

どこかで聴いたようなメロディーと

誰かが言ってたような言葉が

自分の口から漏れてくるのが悔しくなったりして、堪えられなくなったりしてさ。


なんとかやめずにここまで来て

だんだん君が褒めてくれることだけが唯一の楽しみになって

でも僕がかたちにするのはいつも悲しい物語ばかりで

君の背をそっと後押しできるような歌を作れないもんかなと、

よく悩む。


でも悩みすぎているとなにも出てきてくれなくて、

もういいやって、好き勝手飛び跳ねて、力いっぱい弦を掻き鳴らして、裏返ってがりがりの絶叫してみたら、

あっという間に素敵な曲が出来たんだ

いつの間にか唄ってた。


だからね、君に聞いて欲しいんだ。どうしても。


いつか届けられることを祈りながら、おやすみなさい
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2007-08-10 23:04 | lyrics

松本葦立 official blog


by matsumoto_itachi