「アズールとアスマール」

今日は久しぶりに映画館へ

本日の作品は三鷹の森ジブリ美術館提供の「アズールとアスマール」というフランスのアニメ作品。

公式HP http://www.ghibli-museum.jp/azur


これはもう観て頂くしかないのですが、

映像がとてつもない美しさです。

舞台はアラビアなんですが、はじめは「ん?」という感じで違和感を感じたんだけど、

色彩の質感と、キャラクターの動きに慣れてくると一気に引き込まれます。

劇中でこんなに何度も鳥肌が立ったのは初めてでした。


僕の一番好きなシーンはアズールとシャムスサバ姫の木登りのシーン。

形にするのはとても難しい、「夜」という時の特別な雰囲気を見事に映像にしてくれていました。


ちょっとね、もう終始、ダイヤモンドの指輪を前に溜息をつく婚約したばかりの女性(?)のような気持ちでしたよ

あの色彩の世界に溜息ばかりでした。


ストーリー的には最終的になんかコミカルな感じになってきて、あれはあれでふっと笑えて良い感じでしたね。


残念ながら、上映館は限られてるみたいですがもうしばらくやっているので是非見に行ってみて下さい。

夏の茹だる暑さを爽やかに吹き飛ばしてくれます。



もう一度見に行こうかな、

何気にクラプーが好きです。
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2007-08-11 23:10 | 映画

松本葦立 official blog


by matsumoto_itachi