音が満ちていれば、緊張なんて露ほども感じない。

初めの一音、

初めの一声で、

全部決まる。

そのステージの全てが。

だから、怖いから考えないようにしていた。

見逃した一音も、外した一声も、見ない振りをしてた。

今までは。



でも、それじゃ覚悟が足らないのだ。なんにも届かないのだ。

言葉は力で、音楽は魔法だ。

魔法使いはほうきででも、ブラシででも、タワシででも、飛ばなきゃいけないんだ。

そういう血なんだ。



唄えない代わりに飛び続ける豚がいる。

強すぎるゆえに弱い者を助け続ける少女がいる。

敵でも人間に化け続ける狸がいる。

出来ることを出来るように、いつも冷静であれ。

後悔なんてしないように、いつも誠実であれ。

君を悲しませないように、いつまでも自分であれ。



もう夏は終わりです。そういや花火してねえや
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2007-08-27 01:45 | lyrics

松本葦立 official blog


by matsumoto_itachi