言って良い事悪い事。

「辞めるって意思を自分の会社に三ヶ月以上前に伝えたことは言わないでね(ニコッ)」

と、今日言われた。

なんの事かと言うと、今日やっと今の仕事の終了のめどが公に立った。

最初に書いた通り、オレが今の会社を辞めたいと言う意思を伝えたのは遥か三ヶ月以上前。
(これは個人的な日記でもその時期に連呼してるから明白なんだけど)

そして正式決定がつい今日。

まあぶっちゃけ書いてしまうと、今の仕事は下請けの下請け。最近の法律では問題があるようで一週間前に裏工作させられましたけど。

なので、自分の会社に辞めたいと伝えても、もちろん今の現場の状況によってはすぐに辞められる訳も無いし、もちろんそれは非常識だと理解している。

だから業務の現状を踏まえた上で半年前くらいから自分の会社に調整を頼んでいた。

んで、話し合いでついた折り合いが今月一杯の退社。

でもその正式決定の連絡も、九月に入り何の連絡も無かったので、こちらから急かしてやっと連絡が来たって感じ。

まあそこまでは良いんだけど、今日気に入らなかったのはタイトル通りの事。



なんだかいつのまにか、うちの一つ上の会社の上司には

オレから 『私事都合で退社したいという希望連絡が先月末(八月)に来た。』 ということになっていた。

おーい

半年前からですよー

というわけでまず、自分の会社への信用はなくなりました。(まあ当然ね)

で、それはおかしいだろうと思い、その場で上司に内容を訂正。

「そうだったのかー、それはおかしいよね。」ということでちゃんと理解してもらえました。

でも。

でーもー

その次の言葉がこれですよ

「でも、辞めるって意思を自分の会社に三ヶ月以上前に伝えたことは言わないでね(ニコッ)」

つまり、一番迷惑が掛かっている現場の直属の上司(既に会社同士の話し合いの中でご立腹済み)には結局オレの私事都合で ”いきなり” 辞める事になっているままにしておけということ。

それはなぜと聞くと。。。

「いや、会社同士の都合とかあるじゃん」

なるべく迷惑が掛からないように考えたオレの都合やプライドはどうなるんでしょうかー?

なので、そのうち現場の上司に呼び出されるだろうけれど、

オレ、言います。

嫌だもん、一番世話になった人に悪いイメージ持たれたまま辞めるのなんて。




社会人になったらこれが普通なんでしょうか?

ここで納得できないオレが幼すぎるのかね?

自分の気持ちしか優先しようとしない駄目な大人なのかな。

確かに、今までも言わずに済ませられれば良かったのにって思った事は沢山あったけどさ、
これから先の自分の生き方としてどういうスタイルでゆくべきか、悩んだ一日でした。


今更だけど大人になるのって難しい。
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2007-09-04 23:16 | selfanalysis

松本葦立 official blog


by matsumoto_itachi