先生、食べ過ぎだと思います。

美味しい物を食べる。幸せで、気持ちが緩む。

大好きな人と食べる。なんでもない食事も楽しすぎて、美味し過ぎて食べ過ぎてしまう。

腹一杯食べる。眠くなって、何も出来なくなる。

心満たされることは素晴らしいことです。

が、

人間は食べ過ぎなのです。


太るだとか、肥満だとか、ただの過剰摂取でしょ?

最低限食べなきゃ死んでしまう量を遥かに超えてるから、無駄な脂肪が蓄えられていく。

人間は、三日に一度、米を少量、水でふやかしたものだけしか食べなくても生きていられるんだ。

肥満体質って言うか、食べなきゃいいじゃん。

だからって朝食、夕食抜いて昼しか食べないんだーとか言ってる奴はただのあほ。

ちゃんと三食食べて、一食を適量にすれば良いのだ。

その時々に、身体が欲してるのは何なのか、脳が欲してるのは何なのか、ちょっと考えればわかるんだ。




食べ過ぎて眠くなって使える時間が無くなるのが嫌だ。

体重増加で動きが鈍るのが嫌だ。

体型崩れで好きな格好が出来ないのが嫌だ。

ステージ前に緊張が緩むのが嫌だ。

ストレスは過食では拭えない。

本当の満足と安心は積み重ねた果てにある。



だから誘惑に負けるなオレ!!

慎ましやかな昭和日本の食卓、万歳(涙)!
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2007-09-13 16:24 | 自己分析

松本葦立 official blog


by matsumoto_itachi