おもひでぽろぽろ、だれか拾って。

女の人が、「部屋にいるときは基本的に裸です。」って言うと

なんかドキドキしながらもカッコ良いなあとか思うのに、

男が、「部屋では裸です。」って言うのを聞くと

ムカッと来るのはオレだけ。。。?

ええ、身勝手なmatsumotoです。



今日は過ぎ行く夏に敬意を表して(もう戻ってくんな)、自分にとってのカルピスについて考えてみる。

can Holy.が言うほど、そんなにカルピスが嫌いな訳ではないのです。

ただ、甘いのが少し苦手なんです。

でもワンクールに一度くらい、突然ファミレスの「何とかパフェ」とか言う1000円位しそうなパフェを食べることはありますがね。。。

まあ、あの時の僕は僕じゃないんで。


というわけで、苦手の具体的な理由を挙げると、

食べ終わった後、飲み終わった後の、糖分による口の中の後味がたまらなく嫌なんですよね。

煙草を止めてからその後味はより顕著になってきて、もうこれはちょっとしたソムリエです(意味不明)。

だから、甘い物を食すのが嫌いなのではなく、食した後が好きではないのです。

糖分取る度に毎回歯磨きしようかとも考えますが、そんな労力を使うのなら食べません。
たまにでいいやー


んで、ちょっと考えたんですけど、逆になんでカルピスはそんなに人気があるのか?

それは、カルピスが美味いとか不味いとかいうそれ以前に、

皆が惹かれているのはノスタルジーに対してなんだと思う。

だって思い出してみて。

茹だる様な真夏日に、

蝉共が絶頂を迎える八月の午後二時過ぎ、

開け放した窓の、すだれの隙間を抜ける風と、扇風機の「強」風に吹かれながら、

まだ遊ぶ事しか考えずに過ごせていた小学生低学年のぼくらに、

お母さんが出してくれた

キンキンに冷えた真っ白で透明なカルピス。

ほら、もうこれ想像しただけでみんな飲みたくなったでしょ?業者の思う壺だよ。

だからみんなカルピスが大好きなんだ。

んで、小学生高学年になって友達が家に遊びに来た時にまた、お母さんが用意してくれたりしてみ?

しまいにゃ初恋の子の事とか思い出すから、もう絶対嫌だ。

というわけです。

じゃ。





こんなんで満足かな、can't Holy??
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2007-09-18 01:01 | music

松本葦立 official blog


by matsumoto_itachi