Summer Blues.

真夜中に感じる太陽の気配。

自分の心というものがこんなに心許無く薄っぺらいとは思わなかった、

取り繕うほど手に負えなくなる態度

あなたに心を奪われた夏の日

真昼の日差しに負けないくらい上がり続ける体温とは裏腹に

どうしてもあなたの前では開かない口。

こんなに頑ななら、今までの失言もわざとじゃないかと思えるほど

自分ではない自分に驚いて、

そして喜ぶばかり。


こんなに心を乱させてくれる

こんな季節に出逢えるとは。

思わなかった、今日の終わり。

焼け尽くされて、やがて治る肌のようにはもういかない

ただの夏の一日

そんな夏の一日

特別な夏の一日。



BGM 永山恵理:Summer Blues
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2007-11-22 01:33 | 空想歌樂

松本葦立 official blog


by matsumoto_itachi