ハイパーバラッド。

もしも

自然災害などの形で

「報い」といものが存在しうるとしても

それは、認めてはいけない事だと思う。



そういった事象があるかないか、

神を信じるか信じないか

因果応報を信じるか信じないか

といったことをどうこうではなく、「認めてはいけない」。



なぜ?




僕たち人間は、いろんなことが繰り返される毎日の中で

自分の叶わない事がある度に、それを願うようになり

自分で行動すること

自分がそこに関係しているということをきっと見失ってしまう。


何かひとつの問題が起きたとき

誰か一人の嫌いな人が現れたとき

自分以外の力で願う事はしたくない

「他力本願」は責任も誤魔化してしまうから。
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2008-05-29 01:26 | music

松本葦立 official blog


by matsumoto_itachi