空という名前。

気が付けば


犬を飼っていたり

人に何かを教えていたり

手を差し伸べていたり


自分の周りにいてくれるのは

面倒見が良くて

優しい人ばかり。

そんな中で

結局僕はそうして甘えているんだろう


そう思うと

空を舞う糸くずよりも

価値なんて無いような

恥ずかしい気持ちになるよ


でもいまさら

もういまさら


そう思うから

少しでも自分らしく

いたいと思った。



ただ生き続ける事はいけないことですか?

そんなことはない。




あいつの歌を聞くと、強く、そう言ってくれているような気になる

だからいつも涙が出てくるんだ。



うん

今日の疲れは心地よい疲れだ。



63年目の祈りに黙祷。
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2008-08-15 00:05 | music

松本葦立 official blog


by matsumoto_itachi