punpun No.5 。

月曜の朝、週の始め

雨が上がってると、気分が軽いもので

低気圧が苦手な僕も

また一週間頑張ろうと思えて、駅へ向かうT字路を渡ろうとしたら


交通事故が起きてました。

既に運転手はいませんでしたが

トラックの右前輪の下に挟まれた原付を見て

あーあ



どうせどっちかが信号が赤に変わった後に無理矢理突っ込んでったんだろうと

そんなに急いだって変わらないんだから譲り合えばいいだろうと

思って通り過ぎました。

正直に言います

馬鹿だなと

思って通り過ぎました。




そして今日も

昨日の目撃のことも忘れてまたT時路を渡ろうと向かったら

花束が手向けてありました。

。。。亡事故発生現場

という看板が新たに設置されていました。



原因は何にせよ

いざそれが起きたという「事実」を見せられると

何をどう考えていいのか分からなくなりました。



可哀相だなとか

ああ昨日肩に手を置かれていた男の人はとにかく落ち着けと慰められていたのかなとか

こんな近くで起きるもんなんだなとか

状況から推測して自業自得だよとか

怖いなとか

せっかく雨が上がってるのにとか

あっけないなとか

今頃どこにいるんだろうとか

知り合いにも気をつけてねって言わなきゃとか

生きなきゃとか



支離滅裂とも混乱とも違う

生々しい感触に頬を舐められた感じがしました。



見て見ぬ振りはしちゃいけない

でも無闇に同調しちゃいけない

改めて僕は、曖昧で不安定な人生と言う海の上に浮かんでるだけなんだなと、そう思った。



そんな今日はおやすみプンプン 5巻の発売日

意気揚々と本屋に向かい

ちょっぱやで読み終わり

まんまと膝を抱えて滅入らせて貰いました。



うんダークネス。

イエス ダークネス。

僕はこうして今日も生きています。
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2009-06-30 21:56 | music

松本葦立 official blog


by matsumoto_itachi