カテゴリ:lyrics( 65 )

季節は変わり、

置き去りみたいだ。

白い雲に

風船が重なった。

そんな景色はもうしばらく見ていない。

見ていないのか

見たくないのか

それはやっぱり自分が決めるんでしょう。

妬む事もあるでしょう

悩む事もあるでしょう

切ってみる事もあるでしょう

だけど切られても、どうか恨まないで

あなたがあなたでいるために大事なことよ。

雨は昔より、

雪に変わるまでに日がかかるようになったけれど

それでも待っているから

待っている間に何が出来るか、それに時間を使おうか。

リリィの涙と

綺麗なコート

雨音

明日が少し緩やかに

静かな夜に唄をうたう。
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2007-12-28 01:32 | 空想歌樂

知れば知るほど適当。

○nicloの麻生久美子に癒されています、matsumotoです。

何でこんな事公表してんだ?

あぁ、酔ってるのね。

酔ってねえよ!

侍ですし。

あ、

いやいや、成人ですし。




。。。。今夜は久しぶりに部屋の中でぶらぶらしてます。

引越してから初めてゆっくり出来ている夜ですな

明日は上野でalmar会議(アルマカイギ)さ。

いやあ、しかし毎日があっという間。

こんな毎日になるとは想像していなかった。まあ、半分は想像したくなかったんだけど。

でも、鮪だね。

止まると腐って死にそうだ。

↑ちなみに鮪は「マグロ」だよ

というわけで、

吉祥寺で見つけたお店で、ずっと欲しかったライトを上手い具合に部屋に配置できて、

やわらかい光のご機嫌な空間で今夜もPCに向かいます。


まずは、えー、ここ最近思うことなんですが。。。

まあ、みんな感付いてるとは思うけど

あえてここに書きます

うん

あんな、、、





almar soupは面白バンドじゃないよ?

だいぶ重くて暗い方の、なんかこう話し掛けにくい雰囲気もってるヨねえとか言われそう(言われると寂しい)な感じのバンドなつもりなんだけど、

誰だ面白可笑しくしてる奴はっ!?

まったく!

最近の若い者に多いと思うんだけど、意味も無い言葉の投げあいを会話(「てゆうか」で話を切り替える時点で相手の話を聞いてないので、既に会話では無い)だと思ってる奴が多すぎるとオレは思うのね、どうしてタイミング良く言葉を返せる方が「ノリが良い」とかいう評価になるんですかね?だいたいそういうことで人を評価してる奴に限って皆似たような外見で毎回同じような話しできゃあきゃ・・・・・








まあいいか。

てゆうかさ、

最近寒いよね。

オレは早く帰省して五年ぶりのボードをやりたいわけさ。

実家から車で30分のスキー場で滑った後は、普通盛り1,000円もするカレーを食って、

帰りに温泉に寄って露天風呂から雪を眺めてから帰るんだ。

そして、年が明ける。


来年はね、なんかもっと面白くなるように考えてるからさ、良かったら遊びに来て下さい。

メンバーの都合がつけば都内ででもalmar soupやりたいと思ってるんで。

どうぞ宜しくお願いします。



さて、これから屋上にでも行って来ようかなっと。
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2007-11-23 02:46 | 空想歌樂

Summer Blues.

真夜中に感じる太陽の気配。

自分の心というものがこんなに心許無く薄っぺらいとは思わなかった、

取り繕うほど手に負えなくなる態度

あなたに心を奪われた夏の日

真昼の日差しに負けないくらい上がり続ける体温とは裏腹に

どうしてもあなたの前では開かない口。

こんなに頑ななら、今までの失言もわざとじゃないかと思えるほど

自分ではない自分に驚いて、

そして喜ぶばかり。


こんなに心を乱させてくれる

こんな季節に出逢えるとは。

思わなかった、今日の終わり。

焼け尽くされて、やがて治る肌のようにはもういかない

ただの夏の一日

そんな夏の一日

特別な夏の一日。



BGM 永山恵理:Summer Blues
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2007-11-22 01:33 | 空想歌樂
まんまと。

ほんとにまんまと。

夢中毒です。

なんだありゃ。

超癒される。

それもどうなんだか。

街がとても美しく見えます。

人を愛しく思えます。

白痴を聴くと。

それもどうなんだか。

対バン出来て、その日にCD買えて、良かった。



deray買います。

サスティナー買います。

FUZZもたくさん買います。

絶対しげるに「やめとけ」と言われると思います。

かほりはコメントしきれずに苦笑うと思います。

まあ、出逢わせたのが悪い。


ああ、手が痛てえ

生きてる証拠ってか?

○そくらえ

オレが生きてると思うのは、声を出してる時だけだ。

今回の海亀のスープを聴いて引いた方は、今以上オレに期待しても無意味よ

そっちには行かないから。

へへへ。


いつのまにか天気予報の画面に雪マークが出てきてる、そんな時間が過ぎた事に普通に驚く。

君は元気ですよね。

元気じゃない君は君じゃない

それじゃあ意味が無い。

せいぜい頑張って下さい。



地球が回復不可能な状態に陥る3.5℃上昇の事実と、

名前も知らない若い娘と厭らしいことした青森県の30代の男性が意識不明の重体だという11月18日深夜にて。
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2007-11-18 00:51 | 空想歌樂
まだ、眠ってないから、

昨日からの記憶は途切れていないよ。


五回分興奮してついてた溜め息の事とか、

マロニエとか、

やっぱり走った事とか、

絶叫したこととか、

もっと唄いたかった事とか、

ステージの上から見えた景色とか、

イズミさんのPA感とか、

笑顔で帰ってくれたこととか、

めちゃくちゃ上手かった白飯のこととか、

馬鹿みたいなFuzzの数とか、

兄弟の笑い声とか、

のぶさんの気持ちとか、

色んなもので溢れて、まだ眠りたくないよ。

どうもありがとう、どうもありがとう

僕は楽しかった。

君は楽しんでくれた?

また会いましょう。きっとまた。

みんなでまた会おう。


マロニエの木の下で。

ゾクゾクシテ死にそうだ。
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2007-11-16 00:42 | 空想歌樂
桃が薫るように

木犀が香るように

ふいに思い出すように。

声は本当に儚くて、

絶対に忘れないと決めた君の言葉さえ、

どんどん薄れていく


いつか桜が咲くように

景色も季節もまた戻ってくるけれど

君はもう先へ歩んでいて

探しても何処にもいない


だから僕はここを離れられない

だから僕はここから早く出て行きたい

いつか心が止むように

景色も季節ももう戻ってこない

君が進んだその先へ

ここから祈ろう

だから僕も笑っている

だから君も笑っていてよずっと






とても素敵な曲を聴けた、静かな夜。

「リアル」:百瀬あざみ
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2007-11-14 00:59 | 空想歌樂
願いは、世界と君を繋いでいた。



涼しい顔をして嘘をついて

笑顔で人を傷つけて

腹の底で泣いてみたりしてるのは

見逃して欲しいからだろ

真っ白な君を

真っ青な海へ

そんな資格はもうない

初めから無い

気付けたのならば、もう終わりに

撒き散らす種が腐花を開く前に

さあ、真っ直ぐ立て。


願いは、世界と僕を繋いでいてくれる唯一のもの。
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2007-11-10 23:09 | 空想歌樂

もう飛んだ恩。

とんでもない言葉に興奮する行為。

そんな拙い言葉の方が、

わかりやすいより和解しやすい

とりあえずはそんなもんで、繋いでみりゃ案外気持ちが良いもんだ

積もり積もった感情の捌け口が向いたばかりに

こうして受け入れる小さな口で、まるでモーションも遅くなるエモーション

判らない訳に分け隔てなく和解の言葉を詰めたそれだけの夜

行為に任せて

後以降に負かされた

行為に任せて

ご意向に負かされた

ふざけんなa for.
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2007-10-15 03:54 | 空想歌樂

はるまついぶき。

抜けないな、

通り抜けられないな、

だんだん居心地がよくなってきた

みんなが言うような大切な夢なんか、本当は持っていたっけ?

君がいれば良いとだけ思っていた。

他に何もいらないと思っていた。

そんな駄目な人間だった。

君はそれが嫌だといった。

やり直しが効かなくなってから打ち明けられた

そして次の日には別の布団の中で夢を見た。

オレにそれを咎める権利は無い

でも許せるわけがない

夢は夢で夢のまま、

優しさなんか鼻糞ほども意味は無かった。
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2007-10-13 01:34 | 空想歌樂

妄想。

わかっていても突然出てくる

悲惨な夢に起きる四時。

青黒い部屋で、いつまでも独り。

いつだってひとり。

特に何も問題は無いけれど、

それならばいっそ忘れさせて欲しい。

すっかり忘れる事が出来るのならば、きっとその方が良いのだろう。

何十年後かに、こういう出逢いがあって良かったと言えるように生きていければ何よりだが、

正直本当にしんどい。

何の役にも立たない苦しみ、

踏み出す足を後ろから掴む願い、

駄目なままのオレでいさせようとするオレ。

ああ、

本当に忘れてしまいたい。
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2007-10-11 02:33 | 空想歌樂

松本葦立 official blog


by matsumoto_itachi