<   2008年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

土曜日が来ました。

今夜はちょっと変わったところで唄います。

「浮遊style」というイベントの第二回目

DJさんたちの前にさらっと唄います。

雨の週末

やっぱりあれを唄いましょうかね

中野駅から10分弱くらいかな
気楽に遊びに来て下さい

場所は[中野3STAR]

住所はこちら→東京都中野区新井1‐2‐11

HPはこちら→http://www.sanstar.jp/index.html

TEL→03‐3387‐6022

スタートは22:00から

朝には終わります。

とてもおいしいフレッシュジュースがいろいろある素敵なお店

皆さん今夜は一緒に飲みましょう。

では、もう少し仕事したら僕も向かいますね

お待ちしてます。
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2008-05-31 13:21 | daily life

唄が終わる。

とんとんとん、なんの音?

風の音。

あーよかった




楽しけりゃ楽しいだけ

世界は上手に回っていくと思っていた

冷たいだけの涙も今は

悲しければ悲しいほど

世界を美しくしてくれると思ってた


でもそんなことはなく

現実を見たくない子供は

結果へと繋がる努力をしたくなかったんだ。


夢見が丘

夢見が今も

良くはなく悪くもない

仰ぎ願う明日の空を

覆うの雨

だから梅雨は嫌い

紫陽花のように地の血を吸ってどこまでも自由な小さな世界の中で。
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2008-05-30 00:02 | 空想歌樂

ハイパーバラッド。

もしも

自然災害などの形で

「報い」といものが存在しうるとしても

それは、認めてはいけない事だと思う。



そういった事象があるかないか、

神を信じるか信じないか

因果応報を信じるか信じないか

といったことをどうこうではなく、「認めてはいけない」。



なぜ?




僕たち人間は、いろんなことが繰り返される毎日の中で

自分の叶わない事がある度に、それを願うようになり

自分で行動すること

自分がそこに関係しているということをきっと見失ってしまう。


何かひとつの問題が起きたとき

誰か一人の嫌いな人が現れたとき

自分以外の力で願う事はしたくない

「他力本願」は責任も誤魔化してしまうから。
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2008-05-29 01:26 | 少し深く考える

潔く。

いることの難しさ。

それと同時に感じる

執着する事の無意味さ。

自分が心底望む時、

他人よりも自分を中心に置いて、何をおいてもそれを望む時

果たして本当にそれはそんなに価値があるのか

気付いてしまう

怖くなる

けれどいまさらもう止められない。

本当はそれが叶わなくてもどうでも良かったりするのに

想い続けて来た時間に比例させたり

側に置く事で声を掛けてくれる人が増えたり

なんていう実際本当にどうでもいいことの為に

それをさも命の次にでも大事そうに掲げようとする。

もしくは掲げる事が大そうな事のように振舞う。

アアシクジッタシクジッタ

本当はそんなことしてもちっとも感じてないのに

サモハンキンポーのように綿菓子が好き

なタマスダレジンのように意味なくアルヨをつけて歩くあるよ。

でも僕もいらないと思ったら手放せる、そんな人間で痛い。
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2008-05-28 23:59 | daily life

one on one。


・クライアントの要求に100%応える

・出来ない理由を述べるのではなく出来る方法を考える


恋人と上司から、時を同じくして同じ言葉を聞かされた。

「仕事」をするとはどういうことなのか

三十路を目前にしながらも、僕はまだそれをわかっていない。

それはイコール、仕事に対する「やり甲斐」から程遠いところで

毎日与えられた業務だけを繰り返しているということ。

果ては自分の毎日を、起伏も色も無いつまらないものにしてしまっているという
こと。


『「求めてくれる人」に「100%」の力で応えること』

その感覚は自分の中にある。


でもそれは自分が音楽の中にいて、ステージの上で歌っているときだけで

音楽とは違う場所で過ごしている毎日の仕事とはどうしても

結び付けられていない。

そんなことをして入れば当然

出口のないトンネルに潜り込んで、行き先を見失う。

理由も

目標も

自信も

見えなくなる。

自分の『今』を認めず、受け入れず

現実を乗り越えていく力を得ようとしない限りは

夢になんか当然届かない

ひとつひとつ

一瞬一瞬

一段一段

登って行くしかないのだ。




そんな今日の、もう二度と言わないようにしたい二言。

「忙しくて無理」

「無茶振りされた」

それはただの言い訳だ。
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2008-05-27 01:16 | 自己分析

新しい一週間。

風邪でのダウンに始まり、

飲み尽くしで終えた先週は

結局一日も身体を動かせなかった。


身体を巡れない血と一緒に

どんどんどんどん滅入っていく気分

そんな超個人的をよそに

色んな事がまた先に流れてく。

それでももう少しで今日が終わるこんな直前に

やっと前を向けている自分がとても愚かで愛しいなんて思ってみるけれど

やっぱくだらねえや。


何でこのオレが?

みたいなあんまり良くない言葉も考え方も

時には今の自分に必要みたいだ。

家族への感謝よりも優先すべき言葉も、場合によってはあるんだろう

勝手に行くなよそうやって

とも簡単に言えないけれど

強気に繊細に豪儀にオレは生きていきたいな。

それくらい楽観的に考えられたのは

やっぱり空が青かったから

うん、晴れは良い。


そんな今朝は、

火星に着陸した探査機から送られてきた映像に

僕たちの世界の今の果てを想像する。
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2008-05-26 23:58 | daily life
というわけで

頭スッキリ。

心もスッキリ。

でも頭痛持ち(二日酔い)。

これで鬱陶しい梅雨にも何とか立ち向かえそうだ。




今日は荷物で足の踏み場もない床で目覚めて、

世界の終わりのような吐き気と

忘れちゃいけない約束と

南阿佐ヶ谷まで運ぶ友達の荷物を抱えて

16時過ぎに高円寺を出発。

30分以上歩いて、目標の荷物を渡して

そのまま南阿佐ヶ谷で三人で夕飯。てゆうか餃子。

いつもと変わらず話しながら、うまい食事が出来たよ。

この店にはまた食べに来よう。






うん

思えばなんだかいろいろあった

おまえがいなきゃこの街をこんなに好きにはならなかっただろう

分かってやれない色んな事があるけれど

それでもお前とこの道を歩けるのは本当に嬉しいよ。

いつも酔っ払って歩いた記憶しかないが

しばらくしたらまた一緒に歩こう

くだらない夜の上を、朝が追い越してくれる感覚を味わおう。

積み上げられたCDと

いにおの漫画と

お前がここを好きな理由を

オレも大事に抱えて、また明日からがんばってみるよ。

あー昨日は泣かなくて良かった。


またな
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2008-05-25 00:20 | daily life

異端常備誉めて問う。

本日は半年に一度の会社の部会の為に本社に全員集合。


オレは部会の準備と、別件での打ち合わせもあり早めに出社して

本社の近所の焼き物屋さんで上司と昼食。

ここが800円で焼いたほっけを丸々食べさせてくれるようなところで、

個人的にすげー満足。また来よー☆


そして打ち合わせも終え、部会の準備も済ませて会議スタート。

まあ昨年からうちの会社は色々あって

それでも社長と部長と、数は少ないけれど熱く優秀な先輩達の尽力で立て直してきた。

その上での今期からの更なる向上を皆で誓い合った今日の部会。

簡単だけど自分も業務内容の発表で少しは役に立てたかなとも思いつつ、

皆さんの熱意に自分ももっと頑張っていきたいなと思いました。


そしてそのあとは当然、懇親会と銘打った総出の宴会。

一次会二次会カラオケと、深夜の新宿で大の大人がはしゃぎまわっていたのでした。。。。



んでその帰り、

五年来の付き合いの友達から「東京を離れる」とのメール。

深夜の三時も回った頃だったが

タクシーでそのままそいつの家へ。

「寝てたらどうすんだ?」の問いかけも気にせず

当然飲み直し。

おう、つーわけで朝まで語ったわけさ

今日はそういう日でした。

うん。

明日こそは髪切りに行くぞ
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2008-05-24 23:40 | daily life
ぬんぬんぬ~ん。

今日は朝からマシン室~

昼を食べてもマシン室~

順調にこなすマシン室~

良い仕事できたマシン室~

それでも気付けば22時過ぎ~

太陽見えないマシン室~

時間の分からんマシン室~

結局金曜の終電で

家に着いたらもう土曜~

パンチングリバース!!
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2008-05-23 04:59 | daily life

人間動けば動けるもの。

昨日の今日で

何とか仕事には向かったものの

案の定吐き気は治まらず

声を掛けられても苦笑いしか出来ず

しょうがないからなるべく移動の少ない仕事から片付けようと努めた今日。


それにしても一気に夏日で

新調したスーツももう暑苦しくて

あんだけ切ると豪語した髪も

怠惰と体調不良のせいで自らを苦しめる首に巻きついた荒縄の如し

アリーナにはなにやらまた人の山が出来ていて

是が非でも早く帰ろうと焦る時に限って

今週中(ようは今日明日中)に完了させろと言う仕事が舞い込んできたりする。


今月中って言ったじゃーん



大人はそう簡単に人の言う事を信用しちゃいけんとです。

信じるものは足をすくわれるとです。

巧いこと言ったとか思ってんじゃなか。

大人って汚かー。とです。


とかなんとか言いながら21時まで仕事してたら

なんだかすっきりして

あらあら元気になっちゃったよ

汗かいて熱も引いたのかね。

ちくしょーなんだかふざけんな、明日からまた仕事頑張るぞ!


あ、

お見舞い電話有難う~☆
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2008-05-22 23:11 | daily life

松本葦立 official blog


by matsumoto_itachi