<   2008年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ンオザントーモ。

もういいかな

どうもしようとしなかった自分を綺麗なままで置こうとする事は

また自分の知らないところで

僕の憧れが一つ減った

空越える素敵な術で、すべてなんか分からないけれど

どうしてこんなに涙さ

音がさ

愛しいさ

キミへの後悔にも似た感情が

取り戻せないと押し寄せる

もう戻らないと押し付ける




君の声が聴きたくて 聴きたくて

戻りたくて妄想の空にどうにでもなれ


君の声が聴きたくて 聴きたくて

戻りたくて妄想の空にどうにでもなれ
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2008-06-30 00:15 | daily life

march of my life。

今日はkahori先生の指導のもと

英語の勉強をしてきました。

子音を強調する事でナメリカンな発音が可能みたいですよ。

もともとの勉強を疎かにしていた私にとっては脳ミソで覚えるような芸当は得意ではないので、

身体で覚えて勢い(ノリ)で誤魔化すみたいなところで

本番はどうぞお手柔らかにお願いします。

昨日からの二日酔いで、練習でkahori先生に怒られたっつう話ですが

あーたのし


そんな今日はもうずっと雨で、

夏も憂鬱だけれど、梅雨なんか問題外で家中洗濯物だらけ

パラダイムはいずこ?

パラダイスじゃないところがまたミソなんですが

もっとどんどん曲を作りたい衝動に駆られてるわけです。


さて、月末書類を書かなければ

なんだかんだまだまだ忙しいんだー
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2008-06-29 22:32 | daily life

ベリーサウンド。

今日は昼から代々木へ、

連絡が出来ずにいた方々にちゃんと話をする事が出来て、とても良かった。

とても久しぶりで、迷惑をかけたのにも関わらず笑顔で迎えてくれた事がとても嬉しかった



大事なのは考え方だと言う事


何があっても続ける事と言う事


意味のない事は何もない


いつでも力を抜ける事

それが僕には必要だ。


感謝を忘れず、この出会いもちゃんと大事にしていきたいと思う。




その後は友達の誕生日祝いで上北沢へ

これまた運命的な出会いをた盆栽をプレゼントして、

下北沢にも移動して

飲んだくれて

結局気付いたら朝。


うん頭が痛い(二日酔い)

雨だろうが、晴れだろうが、風が不幸が

もう新しい一日が始まるんだ

だからさあもっと、がんばろうじゃないか。
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2008-06-28 22:43 | daily life

水気の深い夜。

好意は口塞ぐ最良の術。


なんて、とんでもない言葉でしょう。

僕はいつだってこんな言葉達と共に痛い

なんとも思わず寄り添っている言葉達の

蠢くような

疼くような

柔かく滑らかな歪さを

最良の韻と掴み様のない意味で

こんな明日をも知れぬ水の中の夜明けから

遠からぬところで触れていたい。


優しい言葉なんか優しさではなく

誰にも気付かれなかった底を抉られるのが本当の優しさ


そんな阿呆なことを本気で思っている僕と一緒にいるのはきっと大変ですよ

まあ退屈はしないだろうけれど


雲の上

雲が海に変るのなら僕も底へ連れて行って下さい
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2008-06-27 04:11 | 空想歌樂

慈雨。

指先で

雨粒を弾く。

すべてを包んで

遠くまで流してくれる

恵みの雨

滞ることを常として

求めるこの手は

本当の事を知っては

もう一度夢を見させて欲しいと

嘆いてみたりする

繰り返すディレイの

優しさのような波

ここにいるよと諭すように

朝が来て夜を待ち焦がれる。

今頃眠る君の夢がどうかそのまま安らかでありますように

音のない雨と

弾かれた水の音が世界を揺らす。
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2008-06-25 23:22 | 空想歌樂

晴れた夜。

新宿から歩いて帰ると一時間弱。

途中、

青梅街道沿いに空いた大きな空き地はまるで都市の穴、

満月になりきれなかった大きな月は飄々と回り、

白さざめく川。

塞いだ耳と想像は、

ナイトハイク日和りな水曜の前日に空を飛ぶ。

鳥と並行に走る車両、

水気が笑う抜けるような晴れと、

マイグレーション夢見る君、

悲しいことはもうないほうがいい、わかってるけどできるだけ。

ラフラフダンスミュージック、

思い出したくもないなら、いつも考えて忘れて、

世界は終わってあいつは今頃野たれ死んでる、

そんな夢を見たことにして、

何度でもやり直せるさもっと。
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2008-06-24 01:45 | daily life

normal。


何か特別な理由を求めて探して当て嵌めて

期待だけしてさっさと諦めるそんな自分が嫌いだった。




まあ

想像通りには何事も行かないよ

「結局他人なんだから」




なんて、昔言われてショックだった言葉を自分でも使ってみる。

そりゃそうだ

けれどなめんな

君からそう見えるなら

それが真実じゃないことを証明して見せようじゃないか

オレにしか出来ないことをしてみせる。

今度は自信を持ってそう言える

後ろ向きな捻くれ者の前向きな野望さ

もう君の期待は裏切らない。

今日は少し気分がいいぞ





そういえば昨日は、働き者のkahoriに松本さんのグレーのTシャツをもらいました。

とっても嬉しかったです。

安心安心。万歳。
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2008-06-23 00:20 | daily life

雨の日曜日。

とてもお久しぶり。

なんやかんやと相変わらず小忙しい毎日で

週末もあっという間に終わってしまったけれど

雨の日の今日も心地良い空間で、新しい音を鳴らしてきました。


一人で唄う葦立とは違って、almarsoupではやってみたい事がたくさん出てくる

でもそのせいでalmarsoupの楽曲に統一性がなくなるのはいけない。

でもそれを悩むにはまだ早い。

今はやってみたいことをなんでもやってみること

それがオレの役目。

批評と軌道修正は、監督と先生がしてくれるから

ワタクシはやりたい放題です。

でも自分の感性に従ってかっこいい歌作るから

どうぞ宜しく。



楽しい時間を過ごせるのは幸せなこと

でもその楽しかった時間を振り返る余裕がないことが今の一番の悩み。

どうしたら良いかはしっかり悩まなくちゃ分からない

がんばろうがんばろうがんばろう。



そんな今夜は

「サラリーマンNEO」を初めて見た。

シュールサイコー

未知との遭遇のメロディ久しぶりに聴いた。
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2008-06-22 23:04 | daily life

みずあかりの揺れ。

今日は松本葦立のレコーディング。



水をテーマにした数曲をここ数ヶ月で録音しているわけですが、

良いのか悪いのか、季節柄朝から空は雨模様。

でもそんな水の匂いに触発されてか

全く別のアレンジを加えて、おもしろく変化してくれた楽曲を一曲、録り終えることが出来ました。



曲を作り、音源を作り、ライブをやって、CDを売る

その流れがうまくできないと、どうしても色んな意味で音楽を続ける事は難しくなるもので

それに必要な才能や努力や経験や、感性と感情

そのどれをとってもまだまだ未熟な自分だけれど

それでも自分の歌をCDに構築していく作業はとても楽しい。

そして、できればそれをたくさんの人に聞いてもらいたい。

だから

もっともっと工夫をして、今まで自分が続けてきた事をこれからも続けていきたいと

そう思いました。



そんな今夜の20:00~22:00は"100万人のキャンドルナイト"

しばし電気を消して、

蝋燭の灯りで特別な人との時間を過ごすつもりが

REC帰りで電車に乗ってました。

来年こそは。。。どうかな(笑
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2008-06-21 20:53 | daily life

Article。

今日は金曜日だけれど、休みだー!!休日出勤分の代休だー!!


と言うわけで。

洗濯をしてからw

待ちに待った"井上雄彦 最後のマンガ展"を見に、上野の森まで行ってきました!!!

もう展覧会場前の巨大武蔵を見つけただけで興奮して小走り

この為に平日代休取ったようなもので、そのおかげで当日チケットも買えて

入場待ちの列も20分程度で済みまして


もうね。。。。最高。

ネタバレ禁止なので詳細はもちろん書きませんが、

一つだけ言うと、

一枚の絵の前で30分近く見つめていたのは本当に人生で初めてでした。

マンガと侮るなかれ、

本当に本当に井上さんの描く絵、一筆一筆には魂が込めてあります。

見に行けて心の底から幸せでした。



そしてさらに今日は、

そのまま原宿に移動してシャネルのモバイルアートを鑑賞。

うちの芸術隊長にたまたま誘って貰っていたもので、世界7都市を建物ごと巡回するアートプロジェクトだそうです。

このプロジェクト、とても人気だそうでチケットはもちろん完売。でも隊長はキャンセル待ちの列に並んで入るつもりでいたらしい。

現地に付いてから思ったんだけど、よく考えたらキャンセル待ちじゃ入れない事ももちろんあるよね?とか思ってるうちに「こちらへどうぞ~」

おお!

ものの30分で入れるなんて素敵(笑

内容はMP3プレイヤーの案内をヘッドホンで聴きながら進んでいくまるで遊園地のアトラクションのような体感アート。

これって、よく考えたら人数も進行状況も制御できて、人気の美術館で感じる静かなのに混み合ってるという非芸術的な不快感を取っ払った画期的なシステムだなといたく感激。

内容もさることながら普通の雑誌と遜色ないアートブックのお土産を無料で貰えるところなんかさすがシャネル(?)って感じで、

初めて触れる独特な世界に、脳ミソを掻き回されて大満足でした。


その後は原宿近辺の沖縄料理屋で夕飯を食べて帰宅

うん、今日はすげー楽しかったー!!
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2008-06-20 00:29 | daily life

松本葦立 official blog


by matsumoto_itachi