<   2009年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

punpun No.5 。

月曜の朝、週の始め

雨が上がってると、気分が軽いもので

低気圧が苦手な僕も

また一週間頑張ろうと思えて、駅へ向かうT字路を渡ろうとしたら


交通事故が起きてました。

既に運転手はいませんでしたが

トラックの右前輪の下に挟まれた原付を見て

あーあ



どうせどっちかが信号が赤に変わった後に無理矢理突っ込んでったんだろうと

そんなに急いだって変わらないんだから譲り合えばいいだろうと

思って通り過ぎました。

正直に言います

馬鹿だなと

思って通り過ぎました。




そして今日も

昨日の目撃のことも忘れてまたT時路を渡ろうと向かったら

花束が手向けてありました。

。。。亡事故発生現場

という看板が新たに設置されていました。



原因は何にせよ

いざそれが起きたという「事実」を見せられると

何をどう考えていいのか分からなくなりました。



可哀相だなとか

ああ昨日肩に手を置かれていた男の人はとにかく落ち着けと慰められていたのかなとか

こんな近くで起きるもんなんだなとか

状況から推測して自業自得だよとか

怖いなとか

せっかく雨が上がってるのにとか

あっけないなとか

今頃どこにいるんだろうとか

知り合いにも気をつけてねって言わなきゃとか

生きなきゃとか



支離滅裂とも混乱とも違う

生々しい感触に頬を舐められた感じがしました。



見て見ぬ振りはしちゃいけない

でも無闇に同調しちゃいけない

改めて僕は、曖昧で不安定な人生と言う海の上に浮かんでるだけなんだなと、そう思った。



そんな今日はおやすみプンプン 5巻の発売日

意気揚々と本屋に向かい

ちょっぱやで読み終わり

まんまと膝を抱えて滅入らせて貰いました。



うんダークネス。

イエス ダークネス。

僕はこうして今日も生きています。
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2009-06-30 21:56 | music

から。

今日は急遽

自分の会社のチーム懇親会/新メンバーの歓迎会ということで

某駅のあかちり亭にて飲み会でした。

オレの仕事は

自分の会社から現場に出向いて

客が受けた仕事を完遂させるのが使命

つまり請け負いなわけですが。

そんな現場だからこそ

稀に会う自分の会社の仲間は心強いわけで

社会の仕組みを少し理解出来たりしてるわけです。

みんな大変なんだな~ってさ



だから頑張ろうって

思うわけです。

つーか辛ぇよ!

辛過ぎて料理の味なんかまったくわかんねーし(`Д´)ゴラァ!
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2009-06-29 07:27 | daily life
もじゃもじゃぐしぐしもそもそ。

発想は練習の果てにしかない

解放は苦悩の果てにしかない

そんな無宗教者matsumotoです。


本日は「人のセックスを笑うな」をお家で観てみました。

予備知識無く

まあぶっちゃけ題名に興味を持っただけで借りてみた映画だったのですが

なにやら題名のイメージとは全然違う、優しい映画。

しかも、オレが蒼井優大好きなのを知ってたのか?というくらいめちゃくちゃ蒼井優が出まくってて超驚き

さらに○子美術大学で撮影してたりしてまた驚き

とにかく








もー

蒼井優はやっぱりかわいい(爆)

そして永作博美もやばいかわいい(死)

どっちも好き!

てゆう感想に尽きる映画でした。

でも、だいぶ好きです。




ほんと、人のことなんて笑えないんだよね

みんな十分阿呆なんだから

そう思うと結構毎日気が楽だよ。

そうそう

残念ながら泣いてる暇なんかもうオレにはないのです。
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2009-06-28 23:58 | movie

podcast。

ジブリ好きの私としては、何気にこんなものを聞いてる訳です。

鈴木敏夫のジブリ汗まみれ

面白いです。

へ〜ってなります。

ジブリ好き、ipod好きにはまさにベストなpodcast

おすすめです。


他にも面白いpodcastの番組があったら教えて下さい〜

d0119217_20294742.jpg

[PR]
by matsumoto_nayuta | 2009-06-27 20:16 | daily life

楽しみが沢山。

新型発売です。

iphone 3GS です。

明日はヱヴァ破です。

30日にはプンプン新刊です。

翌月3日にはポニョのDVDです。

8日にはハルカカナタです。

うーん、楽しみがいっぱい。
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2009-06-26 00:49 | daily life

ランドリー。

d0119217_7204485.jpg

うちのしげるのランドリーのことではなくて。

うちの近所のランドリーのことで。

ここ数日の空ろな空を払拭するように

掛け布団をゴウンゴウンと洗ってきました。

ずっと見ていても飽きない丸い窓は

世界の縮図のような

安心と不安を安定的に繰り返します。

夏前の重たい空気は炭酸水に溶かして

立ち上がった羽毛に身を寄せて

繋がった身体を抱いて

仰ぎ描くの青い明日の空。
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2009-06-25 07:20 | daily life
さて久しぶりにソロでもLIVEやります。

代官山は初めてです。

バンドとは違ってギター一本です。

松本葦立(まつもといたち)名義で、頑張ります。

============================
日時:2009年7月22日(水)

場所:都内 代官山NOMAD

チケット:2,000(ドリンク別)

OPEN:18:00 
START:18:30

出演順番は当日発表です。

チケットご希望の方は掲示板かmail to 、または直接ご連絡ください。

松本葦立 HP
============================
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2009-06-24 22:01 | daily life

almarsoup 9th performance。

蒸し暑い毎日ですね。

たまには涼しいライブハウスに遊びに来ませんか?

夏の直前、梅雨を吹っ飛ばしますぜ。


============================

日時:2009年7月12日(日)

場所:千葉 志津Sound Stream

OPEN:18:00 
START:18:30

対バン:Picnic PiG
    Black berry
    TEMPEST
    忘彩霞‐ホウセンカ‐

出演順番は当日発表です。

チケット:当日 \1800
     前売 \1400

当日と前売りでチケットの値段がちがうので来ていただける方は
mix soup (掲示板)か mail to
またはメンバーに直接ご連絡ください。

almarsoup

============================
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2009-06-23 22:56 | daily life

眠れない夜に思うこと。

いじめについて。

昔は「裏」で行われていたいじめが

最近はインターネットを利用して、さらに「裏の裏」で行われるようになっているという。

匿名性は「意見」を守る為であって

匿名性を利用して「誹謗中傷」を行うのは単なる人権侵害で犯罪だ。

ただでさえ吐き気を感じるいじめが、もう救いようの無いものになってるように思える。



昔から、

「いじめられるほうにも原因がある」とはよく言うけど、

今だから思うこと、

誰がなんと言おうと絶対に「いじめるほうが悪い」。



何でかって?

それはやり方が卑劣で卑怯だからだ。

直接ものを言わず、”多数”と”匿名性”に頼って、自分一人では何一つ出来ないだけの卑怯者がいじめを始める。

言いたいことがあるなら面と向かって言えば良い

注意したいことがあるなら直接言えば良い

気に喰わないなら殴り合いの喧嘩でもすれば良い

どうしようもなければ関わらなければ良い

それが出来ない弱虫め

自分より不幸な奴がいないと落ち着かない臆病者め

真実味の欠片も無い多数の意見の上にふんぞり返って自分は価値があると思ってる、

勘違いの裸の王様め

人を貶める奴に価値なんか無いぞ。




場の空気を乱す人間も

仕事に付いて来れない人間も

人の気持ちを考えない人間も

身だしなみに気を使わない人間も

数えきれない程の色んな人間がいるということを、社会に出て身に染みてわかった。

「気に喰わない」と思ってる奴は同じように、こちらのことを「気に喰わない」と思ってる

お互い様なんだ。

大切なことは

どう共存してゆくかということ。

自分が苦しくないように

相手が苦しくないように。

「排除すれば済む」のは戦場だけ

戦場に狩り出されないでいられる社会にいられるんだから、

目指すべき方向がどっちか、それくらいわかるだろう?




自分の態度の悪さから、ある一人を中心にして仲の良かった奴からもいじめを受け

その捌け口にまた別の奴をいじめた中学時代の自分。

同じ様な状況の加害者も被害者も、どうか早くなくなって欲しいと思う。
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2009-06-22 04:50 | music

雨の光。

森山直太朗を久しぶりに聴いてみた。

優しいな。

何が彼を支えて

どんな景色を日々見ているのだろう

憧れはいつまでも持ち続けすぎるとあまり良くないのかもしれない

弱さを見つめることは怖くて

それを認めることは屈辱だ

乗り越えられる様なものならば

誰も苦しみはしないだろう

それでも日々が変わるきっかけは

他人の手以外にあり得ない

そんなふうに思う雨の部屋の中

満ちる歌

きれいだなあ。
[PR]
by matsumoto_nayuta | 2009-06-21 20:33 | daily life

松本葦立 official blog


by matsumoto_itachi